スーパーユーザー(admin)のパスワードの変更方法と注意事項

フォローする

スーパーユーザー(admin)のパスワード変更は、Tomcatの構築有無で対応方法が変わってきます。
下記を参考にしてください。

■Tomcat環境を構築していない場合
 『MCの管理者ユーザー情報登録方法(MCでのUser&Group設定の有効化)』を参考の上、
 RoboServer Settings にて変更を行ってください。

 ■Tomcat環境を構築している場合
 『MCに登録されたユーザーのパスワードを変更・リセットする方法』内の
「ユーザー自身がパスワードを変更する場合」項目を参考の上、MCにて変更を行ってください。

※RoboServer Settings でスーパーユーザーのパスワードを利用している場合は、そちらの変更も必要になります。上記「■Tomcat環境を構築していない場合」の手順を参考にしてください。

 

注意事項

下記のツールで、スーパーユーザーのパスワードを利用している場合は、変更が必要になります。

・ロボット(ステップ内)
・DS(ライセンス入力画面、「Design Studio設定」の「Management Console」タブ)
・DAS(「Management Console」タブ)
・RoboServer(Windowsサービス、コマンドで起動している場合)

 ※RoboServerをWindowsサービスから起動している場合は、一度Windowsサービスを削除し、再登録してください。削除の方法は『RoboServerのWindowsサービスを削除する方法を参照してください。

パスワードを失念した場合、スーパーユーザーでログイン出来なくなってしまうため注意してください失念してしまった場合、パスワードは暗号化されてDBテーブルに登録されているため、ナレッジベースの「お問い合わせ」より問い合わせてください。
DBを直接操作いただく対応となります。


関連記事

RoboServerが起動時に読み込む設定について

RoboServerSettings.exeで誤ったログイン情報を設定しているのにRoboServerがMCに接続できてしまう

Management Consoleで「アカウントロック機能」が10.4で新規追加

スーパーユーザー(admin)のユーザー名の変更方法と注意事項

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。