スケジュールの「後処理」でエラーが発生しても「前処理」のエラーメッセージが出力される

フォローする

事象の概要

スケジュールに指定した「後処理(Post Processing)」でエラーが発生しても、「前処理(Pre Processing)」のエラーメッセージが出力されます。

 

事象の詳細

MCのスケジュール実行時には、「前処理(Pre Processing)」と「後処理(Post Processing)」として任意のスクリプトを指定する事が可能ですが、後処理のスクリプト実行時にエラーが発生した場合でも、「Pre-processing error(前処理エラー)」のメッセージがRoboserver.logに記録されます。

<例>「後処理(Post Processing)」に存在しないスクリプトのパスを指定した場合

2504_1.png

<エラーメッセージ>

2020-01-20 11:27:01,803 ERROR com.kapowtech.scheduler.server.service.distribution.CommandLineTask - Pre-processing error
java.io.IOException: Cannot run program "C:\MCtest\Postprocrssing_check.exe": CreateProcess error=2, 指定されたファイルが見つかりません。
at java.lang.ProcessBuilder.start(ProcessBuilder.java:1048)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:620)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:450)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:347)

 

回避策

回避策はありませんが、出力メッセージが異なるだけで、スケジュール内のロボットの実行及び製品の動作に影響はないため、本事象は無視しても問題ありません。

 

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.3.0.1, 10.3.0.7, 10.4.0.4 1373990  

  
   

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。