「コマンドライン実行(Execute Command Line)」ステップで、net useコマンドによりアクセス制限されているフォルダを参照する際の注意点

フォローする

アクセス制限されているフォルダにnet useコマンドを用いてアクセスする際に、
同時に複数のアカウント(ユーザー名、パスワード)でアクセスすることできません。

同時にアクセスしようとすると下記のエラーが発生します。
 ※net useコマンド(netコマンド)の挙動はWindowsの仕様です。

<エラーメッセージ>

システム エラー 1219 が発生しました。
同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続は許可されません。サーバーまたは共有リソースへの以前の接続をすべて切断してから、再試行してください。


複数のアカウントでアクセスしたい場合は、下記の対応策をお試しください。

 ・同時にアクセスしない場合は、セッションを閉じる処理を入れる。
 ・同時にアクセスする場合は、hostsによりネットワークの名前を変え、別のユーザーで接続する。

注意事項

コマンドの実行やhostsファイルの書き換えは、お客様責任での実施をお願いします。

関連記事

net use コマンドでリモートドライブを接続する場合の注意点

アクセス制限されているフォルダを参照するための設定方法

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。