MCでのロボット実行ログ(MCのログタブ)

フォローする

MCのログタブに表示される内容は、MCやRSによって作成されたログが表示されます。
下記は各ログの説明です。参考にしてください。(本記事の画像はVer.10.4です。)

ー目次ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(※1) ログタブの内容を表示するには
MCの「管理」タブ > 「設定」タブの「一般」 > 「RoboServerログデータベース」の設定と、「RoboServer」タブのクラスタ設定で「RoboServer Log Databaseに記録」にチェックをする必要があります。

(※2)「入力値」等の一部のカラムについては、(※1)と併せて「RoboServer」タブの
クラスタ設定(Logging)で「ロボットの入力をデータベースに記録」にチェックをする必要があります。

 ▼「RoboServerログデータベース」の設定画面

mceclip0.png

 ▼クラスタ設定画面

mceclip0.png

 

■スケジュール実行

スケジュールの開始時刻や終了時刻など、実行する各スケジュールの実行情報が表示されます。
コンテキストメニューを使用して、個別のスケジュールメッセージや、スケジュール実行の一部として実行されたロボットに移動できます。

「削除」列をクリックすると、実行とメッセージを削除するためのダイアログが表示されます。
実行ログを削除する際には併せてメッセージを削除する必要がありますが、メッセージのみ削除することも可能です。フィルタで一致した実行ログやメッセージを一括削除することもできますが、しばらく時間がかかることがあります。

なお、一度に大量のログを削除した場合、ロボット実行が不安定になる事例があります。
大量にログ削除を行う場合は、複数回に分けて削除をしてください。
(以降の項目でも同様です。)

 ▼「スケジュール実行」のカラム一覧

mceclip2.png

 

■スケジュール メッセージ

指定したスケジュール実行の、メッセージを表示します。スケジュールの実行に失敗した理由を見ることができます。
※ロボットのエラーを調べるには、「ロボットメッセージ」から対象のロボットを選択してください。


なお、一度に大量のメッセージを削除した場合、ロボット実行が不安定になる事例があります。
大量にログ削除を行う場合は、複数回に分けて削除をしてください。
(以降の項目でも同様です。)

 ▼「スケジュールメッセージ」のカラム一覧

mceclip3.png

 

■RoboServer

RSまたはMCからのメッセージを表示します。ダブルクリックまたはコンテキストメニューを使用して、メッセージ用のダイアログが表示できます。

 ▼「RoboServer」のカラム一覧

mceclip4.png

 

■ロボット実行

各ロボット実行のログ情報が表示されます。

 ▼「ロボット実行」のカラム一覧

mceclip5.png

 

■ロボットメッセージ

ロボット実行に対する個別のエラーメッセージが表示されます。コンテキストメニューから、このメッセージに対する実行に移動できます。

  ▼「ロボットメッセージ」のカラム一覧

mceclip6.png

 

■ロボット

すべてのロボットのこれまでの実行 (データが取得できる限り) の簡易的な概要です。
行をダブルクリックするか、コンテキストメニューを使用すると、指定のロボットのすべて実行結果に移動します。

 ▼「ロボット」のカラム一覧

mceclip7.png

表示されるカラムを変更したい場合は『Management Consoleで確認できるLogのカラムを変更する方法を教えてください。』を参照してください。

また、ロボット実行以外のログに関しては『BizRobo! のログ一覧』を参照してください。

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。