Excelの列中から重複を除いたデータの件数をカウントするサンプルロボット

フォローする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご利用の前に、あらかじめ以下の点をご了承いただきますようお願いいたします。

・サンプルロボは下位のバージョンで開けません。
<例>10.3のサンプルロボットファイルを10.2のDSで開けない。

・サンプルロボの動作保証はいたしかねます。
お客さま責任にてダウンロード、ご活用お願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ExcelのA列に登録されている複数のデータから、
重複を省いたデータ数をカウントするためのサンプルロボットです。
(作成バージョン:10.3.0.2)

■ロボットの流れ

1. 対象のExcelデータをDS上に表示
2. 値を変数に抽出
3. 抽出した値が、重複しているか判定
4. 重複してなければLong Text型変数に追記
5. 重複していないデータ数をカウントアップ
6. データが終わるまで2~5をループ

■前提条件

タイプファイル「Parameter.type」内の変数に「処理をするExcelのファイルパス」を設定する。

■使用する変数

Parameter.type

変数名 タイプ 初期値 必須 説明
 Excel_Path  Short Text    処理をするExcelのファイルパスを入力

 

・シンプルタイプ変数

変数名 タイプ 初期値 グローバル 説明
 Integer  Integer      抽出したセルの値を格納
 Integer2  Integer    重複していないデータ数をカウント
 LongText  Long Text    重複していないデータをカンマ区切りで格納

 

■各ステップの解説

mceclip0.png

# アクション名(日本語) アクション名(英語) ステップ名
 コメント  Do Nothing  README
 ページ読込  Load Page   Load Page
 Excel形式表示  View as Excel  View as Excel
 Excel内ループ(行)  Loop in Excel  Loop Rows
 セル値抽出  Extract Cell  Extract Integer
 変数判定  Test Variable  Test Variable
 変数の割当  Assign Variable  Assign Long Text
 変数の割当  Assign Variable  Assign Integer2

※①のコメントについては処理を行っていないので割愛します。

②「ページ読込」ステップ(Load Page)

  変数「Excel_Path」に入力したファイルパスからExcelを開きます。 

③「Excel形式表示」ステップ(View as Excel)

  開いたファイルをExcel形式で表示します。

④「Excel内ループ(行)」ステップ(Loop Rows)

  A列を範囲としたループを設定します。

⑤「セル値抽出」ステップ(Extract Integer)

  セルより値を抽出し、変数「Integer」に格納します。

⑥「変数判定」ステップ(Test Variable)

  変数「LongText」の中に変数「Integer」の値と一致する数字がない場合のみ後続の
  ⑦~⑧の処理を行います。
  (一致する数字がある場合は④のループを「次のイテレーション」にします。)

⑦「変数の割当」ステップ(Assign Long Text)

  変数「LongText」の値に⑤で抽出した「Integer」の値を結合し、「LongText」に格納します。
  エクスプレッションには下記の式を入力しています。

  <式> LongText + "," + Integer

mceclip1.png

⑧「変数の割当」ステップ(Assign Integer 2)

  変数「Integer2」の値をカウントアップします。

  

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。