「シート挿入(Insert Sheet)」ステップがトライステップでエラーハンドリングした際にシートが"Sheet"のみになる

フォローする

事象

「シート挿入(Insert Sheet)」ステップが「次の代替手段を試行/Try Next Alternative」でエラーハンドリングした際に、既存のシートが削除され、“Sheet”のみになる。

<例>
Sheet1~Sheet3が存在するExcelファイルに対し、「シート挿入(Insert Sheet)」ステップにてSheetを挿入する。
※存在するシートを挿入した場合は「次の代替手段を試行/Try Next Alternative」にてエラーハンドリングを行う。

 mceclip0.png

 

▼「ファイル読込(Load File)」ステップにて開いた直後のExcelシート 
mceclip1.png

 

■新規Sheet4を挿入する場合

Sheet4が挿入され、「シート挿入(Insert Sheet)」ステップを問題なく通過する。

 mceclip2.png

mceclip3.png 

 

■既存のSheet3を挿入しようとする場合

Sheet3は既に存在するため「シート挿入(Insert Sheet)」ステップにてエラーハンドリングされ、既存のSheet13が削除され、“Sheet”のみとなる。

 mceclip4.png

mceclip5.png

 

回避策

「次の代替手段を試行(Try Next Alternative)」以外の方法で実装してください。
例としては、「無視して実行(Ignore and Continue)」を選択してお試しください。 

 

 区分  発生Ver  改修ID  修正Ver
 不具合  10.2.0.5  1318955  
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。