DSで「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで選択されているセルと並列・並行のセルから値を抽出する方法

フォローする

「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで選択されているセルと並列・並行のセルから値を抽出するには、「セル値抽出(Extract Cell)」ステップの「ファインダー」タブ内で「行」項目や「列」項目の「オフセット」項目を設定することで行えます。下記の手順を参考にしてください。
なお、説明のため、ループ範囲を「Cell Loop」という名前付き範囲とします。

32420-1.png

手順

■「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで選択されているセルと並行のセルを選択する場合

1.「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップの後続に「セル値抽出(Extract Cell)」ステップを追加する。
2.「ファインダー」タブで「名前付き範囲で検索」を選択する。
3.「範囲」項目で「Cell Loop」を選択する。
4.「使用」項目で「行の位置」を選択する。
5.「行」項目で「インデックスで指定」を選択する。
6.「オフセット」項目に「1」を入力する。

 32420-2.png

 

■「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで選択されているセルと並列のセルを選択する場合

1.「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップの後続に「セル値抽出(Extract Cell)」ステップを追加する。
2.「ファインダー」タブで「名前付き範囲で検索」を選択する。
3.「範囲」項目で「Cell Loop」を選択する。
4.「使用」項目で「指定位置の列」を選択する。
5.「列」項目で「インデックスで指定」を選択する。
6.「オフセット」項目に「1」を入力する。

32420-3.png


<補足>

・「セル値抽出(Extract Cell)」ステップ以外のステップでも設定は可能です。
・「オフセット」項目で「1」以外の数字を入力した場合は選択範囲から「オフセット」設定分離れたセルの値を抽出します。

32420-4.png

 

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。