【公開レビュー待ち】隣のセルを取得/参照する(オフセットを使う)

フォローする

ステップのファインダーのオフセットを使用することで隣のセルを取得/参照することができます。

 

【使用するステップ】

  • 特になし。ファインダーが使えればどのステップでも可能です。
    例)・「名前付き範囲設定(Set Named Range)」ステップ
      ・「セル値抽出(Extract Cell)」ステップ

 

 

【実装例】

「名前付き範囲設定(Set Named Range)」ステップで設定した範囲を基準に、「セル値抽出(Extract Cell)」ステップにて隣のセルを指定しセル値を抽出しています。

  1. 「名前付き範囲設定(Set Named Range)」ステップにて
    基準となるセルを「基準範囲」という名前で設定します。
  2. 「セル値抽出(Extract Cell)」ステップにて
    「範囲」に作成した範囲をセットし、「使用」を「指定位置のセル」とします。
    「行」>「オフセット」を1
    「列」>「オフセット」を0とすることで右隣のセル値を抽出しています。

 

 

【関連情報】

 

 

※この記事は2021年2月9日にver10.4.0.2で作成したものです。

※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。