DAの「Open」ステップでURIのディレクトリ記号を置き換える方法

フォローする

・概要
DAの「Open」ステップのURIでは、Windowsのディレクトリ記号そのままではパス指定が出来ず、
”\ 円マーク”を二重にしたり、”/ スラッシュ”で置き換える必要があるが、
自動変換できるような方法がないか知りたい。

・詳細
DAの「Open」ステップのURIについて、”replaceAll”関数を用いることで変換することが可能です。

ただし、下記画像の通り[=]を有効にし、値を動的に変更する場合には、
”\ 円マーク”は特殊文字として認識されます。
そのため、Windowsディレクトリパスのままでは、『Syntax Error』が出ます。
”replaceAll”関数を使用するにも、引数が正しく入力されている必要がありますので、
”\ 円マーク”を二重にしたり、”/ スラッシュ”で置き換えておかなければなりません。

_____.jpg

(画像1.構文エラー)

そこで変数を使用します。
例えば下記画像の通り、「Assign」ステップで定数としてテキスト変数に格納することで、”replaceAll”関数の引数として
Windowsディレクトリパスのままで使用が可能となります。

Assign________.jpg

(画像2.Assign定数)

DSでテキスト変数にパスを格納し、そのテキスト変数を入力値(Input)としてDAへ渡し、
”replace”関数の引数として使用することも可能です。

Input.jpg

(画像3.Inputとして使用)

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。