DSを使用するユーザーがMCにロボットをアップロードできないようにする方法

フォローする

DSでライセンス情報を設定する際に、アップロードができない権限を付与したユーザーを設定することで、MCへのアップロードを不可能にすることができます。

下記は、新たにDSを使用するユーザーに、MCにて作成したアップロード不可のユーザー「ds_user」を設定する手順です。参考にしてください。
なお、MCでユーザー、グループ、プロジェクトを作成する方法については『MCでUser、Group、Project を作成し、権限設定する方法(各種権限の資料添付有)』を参照してください。


■前提条件

・MCで新規ユーザーを作成している。

<ユーザー作成例>

4445_01.png

 

・新規グループを作成し、ユーザーを所属させている。

<グループ作成例>

4445_02.png

 

・新規プロジェクトを作成し、DSからMCへのアップロード不可な権限にグループを登録している。
権限ごとのアップロード可否については『Design Studio から Management Console へファイルアップロードできる権限一覧』を参照してください。

<プロジェクト作成例>

4445_03.png


手順

1.DSを起動する。

2.「ライセンス情報を入力(Enter License Infomation)」ダイアログで「ライセンスサーバー(License Server)」を選択する。

3.「URL」項目に、MCのURLを入力する。

4.「ユーザー名(User Name)」項目に、MCで作成したアップロード不可ユーザーのユーザー名を入力する。

5.「パスワード(Password)」項目に、手順4で入力したアップロード不可ユーザーのパスワードを入力する。

6.「OK」ボタンをクリックする。
※必要に応じて、プロキシサーバーの情報を設定してください。

4445_04.png


<例>アップロード不可のユーザーで、DSからアップロードを実施した場合

「アップロードエラー」ダイアログが表示され、アップロードできません。

4445_05.png

 

補足

既存のDS使用ユーザーにアップロード不可のユーザーを設定する場合は、DSのメニューバーの「ファイル(File)」>「ライセンスサーバー設定(Configure License Server)」にて必要な情報を設定してください。
また、メニューバーの「設定(Settings)」>「Design Studio設定(Design Studio Settings)」>「Management Consoles」タブより、必要な情報を設定してください。

4445_06.png 

 

注意事項

同一端末で、複数人が個々のユーザーアカウントでDSを使用する場合は、ライセンス情報を入力する際に「パスワードの記憶(Remember Password)」項目のチェックを外してください。詳細は『DSにログインする際、前回利用者の情報を引き継がせないようにする設定』を参照してください。

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

1件のコメント
  • Design Studioにロボットを作って実行させてしまうとのことへの管理は可能でしょうか。

    0
    コメントアクション Permalink

記事コメントは受け付けていません。