STEP ACTIONの使い方(Device Automation)

フォローする

Step Action に対して具体的な使用法を示したサンプルロボット一覧です。Step Action 列のリンク先よりサンプルロボットをダウンロードしてください。
※サンプルロボットのご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。

Design Studioはこちら

Step Action 概要 v10.1 v10.2 v10.3
Assign Step  変数の割当  ○  ○
Break Step  ループ終了  ○  ○
Click Step  クリック  ○  ○
Conditional Step  条件分岐  ○  ○
Connect To Device Step  デバイス接続    ○  ○
Continue Step(10.3.0.1) 続行ステップ    
Enter Text Step  テキスト入力  ○
Extract Clipboard Step  クリップボード抽出  ○
Extract Image Step  画像抽出  ○
Extract Text From Image Step  画像からのテキスト抽出  ○  ○
Extract Tree as XML Step  オブジェクトツリーのXML抽出    ○ *1
Extract Value Step  値抽出  ○  ○
For Each Loop Step(10.3.0.1) 繰り返しループ ステップ    
Freeze Tree Step フリーズ化    ○
Group Step  グループ化  ○  ○
Guarded Choice Step  ガード選択  ○
Loop Step  ループ  ○
Move Mouse Step  マウス移動  ○
Notify Step(10.3.0.1) 通知ステップ      ○
Open Step  プログラムオープン  ○
Press Key Step  キーボード操作  ○
Remote Device Action Step リモートデバイス操作    ○
Return Step  値返却(DS側へ)  ○
Scroll Step  スクロール  ○
Set Clipboard Step  クリップボード設定  ○
Throw Step  エラースロー  ○
Trigger Choice Step(10.3.0.1) トリガー チョイス ステップ    
Try-Catch Step  トライ・キャッチ(エラー処理)  ○
While Loop Step(10.3.0.1) ループ中ステップ      ○

 

*1:v10.3ではWindowsの画面を解析したのちに表示されるエレメントツリーの構成に変更があったため、取得できるプロパティの値に若干の違いがあります。

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。