Roboserver,ManagementConsoleの起動をWindowsサービス登録する方法

フォローする

Start Management Consoleをクリックするのではなく、

Windowsサービスを登録してManagementConsoleとRoboServerを起動させる場合は下記のように実行します。

1) 

cd "\Program Files\Kapow {バージョン}"\bin 

2) 

ServiceInstaller.exe -i RoboServer.conf wrapper.ntservice.account=ドメイン名\ユーザー名 wrapper.ntservice.password.prompt=true wrapper.ntservice.name="RoboServer {バージョン}" wrapper.ntservice.starttype=AUTO_START wrapper.syslog.loglevel=INFO wrapper.app.parameter.1="-p" wrapper.app.parameter.2="50000" wrapper.app.parameter.3="-MC"

 

下記画像のように、コマンド実行後、パスワードを入力すると、登録が完了します。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-1024x178.png

注意事項

当該手順でMC/RSを起動した場合、1つのJVM上でMC/RSが動作するため、1つのJavaヒープ領域をMCとRSで共有します。
ヒープ領域が不足するとOutOfMemoryErrorが発生する可能性がございますので、可能であれば下記ナレッジの通り、MC/RSを個別で起動下さい。

■MCとRSを個別で起動する方法は下記ナレッジをご覧ください。

Roboserverだけを起動して、別環境のManagementConsoleに接続させる方法

Roboserver抜きでManagementConsoleだけ起動する方法

参考:RoboServerに割り当てるヒープ領域の容量を増加させる

 

■登録したWindowsサービスを削除する方法は下記ナレッジをご覧ください。

RoboServerのWindowsサービスを削除する方法

 

■注意事項

RoboServer(以降RS)は Wrapper プログラムによって再起動される場合があります。
詳しくは下記ナレッジをご参考ください。

RoboServerが起動時に読み込む設定について

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。