BizRobo! Basicのアンインストール方法

フォローする

Windowsマシンの場合

  1. 稼働中のRoboServerを停止
  2. サービス登録している場合は削除
  3. ログ記録用やロボット取得情報の格納用にDBを構成している場合の、当該スキーマの削除
  4. WindowsのコントロールパネルからKapowをアンインストール

Project Folder、Application Data Folderの削除

  1. 稼働中のRoboServerを停止
  2. デーモン登録等されている場合の、/etc/init.d内の起動・停止スクリプトやsudo権限の削除
  3. ログ記録用やロボット取得情報の格納用にDBを構成している場合の、当該スキーマの削除
  4. Installation Folder、Project Folder、Application Data Folderの削除

Device Automation Serviceの場合

  1. 起動中のDAS(Device Automation Service)を停止
  2. サービス登録している場合は削除(スタートアップの場合は自動で削除されます)
  3. WindowsのコントロールパネルからDevice Automation Serviceをアンインストール
  4. Program Files(x86)配下のフォルダ、App Data配下のDASログの削除

・Program Files(x86)配下のフォルダ
「C:\Program Files (x86)」配下の「Kapow DeviceAutomation {バージョン} x32」以降のフォルダ
・App Data配下のDASログ
「C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Kapow\{バージョン}\Logs」配下の「Device Automation Service.log」

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。