Windows UpdateによるBizRoboへの影響

フォローする

Q. BizRoboを稼働しているサーバに対して セキュリティパッチを適用したいが、Windows Update によって、BizRoboが起動しなくなったり、またはうまく動かなくなるなどの悪影響はないか?

A. Windows Update による環境の変化に対し、BizRoboが全く影響を受けないかと言えば、その保証はできないが、下記の観点よりほぼ心配はないと言えます。

  • 全てのテストサーバに対してWindows Updateを自動適用設定で運用しており、それにより問題が発生したことはない。

ただし、Windows Update 等の適用はユーザの責任であり、事前にステージング環境等にてテストを行った上で本番環境への適用の判断をお願いします。

 

Windows UpdateによるDA(Device Automation)への影響について

DA端末へのWindows Updateの適用については、前述と同じようにユーザ責任であり、
影響を全く受けないとは言い切れないため、テスト環境で事前確認を行った上での適用をお願いします。

現段階では以下の事例が確認されております。

・ファイアウォールの設定が変更され、DASと接続できない状態となった
こちらはWindows Update後に、ネットワークや開放したポートなど、ファイアウォールの設定を再確認し、Windows Update前の状態に設定を戻す必要がございます。

・.Net Frameworkがバージョンアップしたことにより、オブジェクトの認識が変化した
DAはUI Automationで画面のオブジェクトを認識してエレメントツリーを生成しており、この認識は.Net Frameworkのバージョンによって異なります。
そのため、いままで認識できていた対象アプリケーションやFinder(Component)がWindows Update後に認識できなくなった事例がございます。
Windows Updateを実施する際は、その前にレジストリから.Net Frameworkのバージョンを確認していただき、
Windows Update後に認識に問題があった場合は、.Net Frameworkを以前のバージョンに戻していただくことが対応となります。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。