Version9.4 以降でExcelファイルに対してできること、できないこと

フォローする

Q.

Version9.4 からはExcelファイルを更新することができるようになったと聞きましたが、Excelファイルに対してはどの程度の操作ができるのでしょうか。

A.

Version 9.4 以降の内臓ブラウザ経由でロボットから実行できるExcelファイルへの操作としては下表のExcelファイルのデータ編集操作が中心となります。

Excel自体のメニューや機能を外部から操作する場合には、Version10 より追加となった Device Automation(デバイスオートメーション) 機能で可能となっています。

ターゲット できること できないこと
ファイル(ブック) 新規ファイル(ブック)の生成(.xlsx)、削除

 

ファイル名の変更

ファイルプロパティ情報の抽出、設定

表示内容のHTML形式への変換

「できること」に記述されている以外の全て

 

例:

Excelマクロの生成・編集

Excelマクロの実行

Excelにアドインされた機能の操作

シート シートの追加、削除

 

シート名の抽出、設定

「できること」に記述されている以外の全て

 

例:

画像や外部オブジェクトの読取り

シートの並び替え

フィルターの適用や並び替え

ピボットテーブルの設定、操作

行の追加、削除

 

行の高さの変更

「できること」に記述されている以外の全て
列の追加、削除

 

列の幅の変更

「できること」に記述されている以外の全て
セル 値の抽出、設定

 

式の抽出、設定

URLの抽出、設定

データの型判断(空白、数値、日付、関数 など)

セル位置の抽出(Sheet1!B1 形式)

「できること」に記述されている以外の全て

 

例:

書式の設定(文字色、背景色、罫線等)

条件付書式の設定

セルの結合

 

4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。