グローバル(Global)設定したType内の変数(Variable)を初期化する方法

フォローする

概要

ロボット内の変数(Variable)をグローバル(Global)に設定した場合、
ブランチやループを跨いでも変数値が自動的にクリアされることはありません。
例えば繰り返し処理の特定の場所などで変数の初期化をしたい場合について解説します。

作業手順

変数を初期化する場合には、「空」の値を代入(空白値で上書き)する必要があります。
これは、文字や数字などのテキスト形式の変数のみでなく、画像(Image)やバイナリ(Binary)型の変数であっても同様です。
具体的には「変数の割当(Assign Variable)」や「変数の変換(Convert Variables)」アクションを使用して、以下の様に設定します。


変数の割当(Assign Variable)の場合


変数の変換(Convert Variables)の場合


変数の変換(Convert Variables)の場合

変換(Converter)にて空白値を設定する際には、エクスプレッションを評価(Evaluate Expression)を使用し、空文字の式(“”)を指定します。
もしくは初期化したい変数の数が複数に及ぶ場合には、以下の様に別途初期化用の変数(Variable)を用意しておき、
一律変数の変換(Convert Variables)にて割り当てを行うことも可能です。
 

5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。