Management Console を Port 80 で稼働させる方法

フォローする

■ 手順

  1. スタートメニューより RoboServer Settings 9.2.x を起動
  2. Management Console タブ内の HTTP Port Number(HTTPポート番号) を50080 → 80 に変更
  3. RoboServer (Management Console)を再起動
  4. ブラウザで http://localhost/ へアクセスし稼働確認

MC_with_port80.png

■ トラブルシューティング

Management Console の実行ポートを変更したことで正常に動作しなくなった場合、以下の原因が考えられます。

既に変更先のポート(80) を別のプログラムが利用している。
→ 以下の方法で状況を確認し、ポートが使用済みの場合には対象のプログラムを停止した上で再度 Management Console を起動してください。

たとえば Windows サーバで上記実行時、結果に下記2行が表示された場合には、既に80ポートが別のプログラムで使用されていることを示します。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。