ロボット作成時にDesign StudioのSettingsに登録したクライアント証明書ファイルを本番環境にコピーする方法

フォローする

BizRobo!が クライアント証明書を求められるサイトへアクセスする際、あらかじめ開発時には Design Studio 、本番運用時には RoboServer に対して、各 Settings ツールから証明書ファイルを登録しておく必要があります。

操作するツールは異なりますが、Design Studio、RoboServer 共に同じ作業を実施する必要があり、特に登録する証明書の数が多い場合など、Design Studioで一度登録した証明書ファイルをそのまま RoboServerの使用する証明書としても使用したくなりますが、実際下記のように、Design Studio 側の証明書情報は独立した物理ファイルとして存在しないため、コピー等の操作により移行することは出来ません。

 

クライアント証明書が記録される形式と場所

  • Design Studio 用証明書
    • 形式:designstudio.settings 内に、Settings 情報一式として結合された状態で記録
    • 場所:Application Data Folder 配下 「Configuration」 内のdesignstudio.settingsファイル
  • RoboServer 用証明書
    • 形式:証明書ファイルとパスワードファイルの2ファイル1組
    • 場所:Application Data Folder 配下 「Certificates\Client」 内

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。