DSで実行可能・不可能なExcel関数の一覧

フォローする

※本記事の内容はUser's Guide(ユーザーガイド)の[第7章:リファレンス]>[その他のトピック]>[サポートされている Excel の機能]にあります。

概要

DSのロボット(Webkit, Classicブラウザ)で使用可能なExcel関数、および処理不可能なExcel関数の説明をします。

サポートされる関数

9.7~10.4

ABS, ACOS,ACOSH, ADDRESS, AND, ASIN, ASINH, ATAN, ATAN2, ATANH, AVEDEV, AVERAGE, BIN2DEC, CEILING, CHAR, CHOOSE, CLEAN, CODE, COLUMN, COLUMNS, COMBIN, COMPLEX, CONCATENATE, COS, COSH, COUNT, COUNTA, COUNTBLANK, COUNTIF, COUNTIFS, DATE, DAY, DAYS360, DEC2BIN, DEC2HEX, DEGREES, DELTA, DEVSQ, DGET, DMIN, DOLLAR, ERROR.TYPE, EVEN, EXACT, EXP, FACT, FACTDOUBLE, FALSE, FIND, FIXED, FLOOR, FV, HEX2DEC, HLOOKUP, HOUR, HYPERLINK, IF, IFERROR, IMAGINARY, IMREAL, INDEX, INDIRECT, INT, INTERCEPT, IPMT, IRR, ISBLANK, ISERR, ISERROR, ISEVEN, ISLOGICAL, ISNA, ISNONTEXT, ISNUMBER, ISODD, ISREF, ISTEXT, LARGE, LEFT, LEN, LN, LOG, LOG10, LOOKUP, LOWER, MATCH, MAX, MAXA, MEDIAN, MID, MIN, MINA, MINUTE, MIRR, MOD, MODE, MONTH, MROUND, NA, NETWORKDAYS, NOT, NOW, NPER, NPV, OCT2DEC, ODD, OFFSET, OR, PERCENTILE, PI, PMT, POISSON, POWER, PPMT, PRODUCT, PROPER, PV, QUOTIENT, RADIANS, RAND, RANDBETWEEN, RANK, RATE, REPLACE, REPT, RIGHT, ROMAN, ROUND, ROUNDDOWN, ROUNDUP, ROW, ROWS, SEARCH, SECOND, SIGN, SIN, SINH, SLOPE, SMALL, SQRT, STDEV, SUBSTITUTE, SUBTOTAL, SUM, SUMIF, SUMIFS, SUMPRODUCT, SUMSQ, SUMX2MY2, SUMX2PY2, SUMXMY2, T, TAN, TANH, TEXT, TIME, TODAY, TRIM, TRUE, TRUNC, UPPER, VALUE, VAR, VARP, VLOOKUP, WEEKDAY, WEEKNUM, WORKDAY, YEAR, YEARFRAC

 

10.7※追加分のみ記載

AREAS, DMAX, DSUM, FREQUENCY, MDETERM, MINVERSE, MMULT, TRANSPOSE, TREND


サポートされない関数

各バージョンのUser's Guideを参照ください。

出力メッセージ例

サポートされない関数を含むExcelファイルに対して、セルのコンテンツ設定等で編集しようとすると、下記のようなメッセージが表示されます。

セルのコンテンツ設定アクションによるエラーが発生しました。指定された操作を実行できませんでした。スプレッドシートにサポートされていない機能(サポートされていない関数またはエクスプレッション構文など) が含まれている可能性があります。 サポートされる機能の詳細については、ドキュメントを参照してください。 スプレッドシートにより以下のエラーが報告されました:

※未サポートの関数を含むExcelを処理する場合は、以下のいずれかの方法をご検討ください。
 ・Built-in Excel
 ・Desktop Automation Service

注意事項 

・ドキュメントでも「POIの関数」と記述されているように、
 BizRobo!ではApache POIを使用してExcelを操作しているため、
 上記記載されているサポート関数は、Apache POIの仕様に沿った挙動となります。

・上記Apache POI側の仕様によりText関数で期待する値が得られない事があります。
 参考:ExcelのTEXT関数で期待した値が得られない事がある


・サポートされている関数でも一部の機能には対応していないものがあります。

 ・ Subtotal関数の”Exclude hidden value”がサポートされていないメッセージが表示される。
 ・COUNTIF、SUMIF関数内にワイルドカードを使用したExcelをDSで編集できない

参考 

・Excel関数の詳細な説明は、参考サイトをご覧ください 

区分 確認Ver
仕様 9.7, 10.2, 10.3, 10.4, 10.7
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。