DA端末がMC経由でMCやDSと接続できないときに確認する設定内容

フォローする

・概要
Management Console経由でDAの接続ができない場合は、DAS、DS、MCの設定内容を確認します。

・詳細
MC経由でDAの接続を行う場合は、以下の内容で通信ができている必要あります。

1. DAS → MC
2. DS → MC → DAS (ロボット開発時)
3. RS → DAS (ロボット実行時)

1. DAS → MCで通信できるように設定できているかどうか確認する

DAS側の設定が不十分、もしくは接続先のMCが起動していない場合は、下記画像のようにDASのアイコンが灰色で表示されます。

287705387d1fe02b74e3459d26b19188.png
(図1.DASアイコン_非接続)

DASの設定に問題がないか確認します。
ea849910d34f252598d7631fcdd511c6.png
(図2.DAS設定確認)

設定に問題が無く、MCとの通信ができていれば、DASのアイコンが青色になります。

d6e9ea68799d846eb4fc92b0dcd16f7f.png
(図3.DASアイコン_接続)

MCを開き、Admin > Devicesで下記のようにDeviceが認識されていれば、DAS→MCの通信は問題ありません。
0ed6c237992b96fda7da0970b27ccc82.png
(図4.MC_Devices画面)

 

2. DS→ MC→ DASの設定ができているか確認する(開発時)

DS(ロボット開発段階)でのDA接続は以下のルートで端末を特定します。
DS-MC-DAS_1.png
(図5.DS-MC-DAS_1)

DSのDevice Mappingで設定した「Cluster Name」と「Required Labels」を参照し、
MCのAdmin > Devicesに登録されているデバイスの中から、「Cluster」と「Labels」の情報が一致するものを特定します。
※MCのRepository > Device Mappingの内容は参照しません。

DAに接続するためには、DS、MC、DASの設定内容の整合性が取れている必要があります。
接続できない場合は、それぞれの設定に問題がないか確認してください。

<注意>DSのShared Projects(シェアプロジェクト)で設定されているMCと、DASが接続しているMCが異なる場合、エラーが発生します。
その場合はDSでMCのProperties(プロパティ)から設定を変更してください。
c3a62ce395ffb8e036c3058a142a14ca.png
(図6.DS_MC設定)

 

3. RoboServerからロボットを実行できるかどうか確認する

MCにアップロードしたロボット実行時のDA接続は以下のルートで端末を特定します。
DS-MC-DAS_2.png
(図7.DS-MC-DAS_2)

DSで設定した「Mapping」名を参照し、MCのRepository > Device Mappingに登録されているデバイスの中から、「Mapping」名が一致するものを検索、
見つかったデバイスの「Labels」と、MCの「Admin > Devices」に登録されているデバイスの中で、「Labels」の情報が一致するものを特定します。
(同一のLabelsが複数ある場合は、上から順にデバイスのステータスを確認し、Available状態のデバイスを選択して接続します。)

アップロードしたロボットを、MC上のDevice Mappingを設定せずに実行すると下記エラーが発生します。
No available Automation Device using {Device Mapping名}:
device not found
RobotRunError_1.png
(図8.RobotRunError_1)

この場合は、MCのRepository > Device Mappingから、新規でDevice Mappingを追加してから、
Repository > Robotsからロボットを再実行してください。
AddDeviceMapping.png
(図9.Add DeviceMapping)

<注意>DAで操作されるデバイスが受け入れ可能なのは1接続のみです。
複数のロボットから同時に接続することはできません。

下記は頻出するエラー要因となりますのでRSによる実行時にはご注意ください。

・DSでDevice Automationステップを含むロボットを開いている状態
・他のロボットからDAを実行している状態

この場合、下記のようなエラーとなります。
No available Automation Device using {Device Mapping名}:
There is no available device matching the requirements.
RobotRunError_2.png
(図10.RobotRunError_2)

 

Device Automationが繋がらないというお問い合わせを数多くいただきますが、
設定が漏れている、もしくは適切な内容で設定されていない、というケースが大半です。

DAの接続で問題が発生する場合は、まずは本ナレッジを参考に、設定の見直しをお願いします。

また、DAS環境を再起動することで解決するケースもあります。
設定に問題がないのにエラーや接続不可の場合は、一度再起動をお試しいただくようお願いします。

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。