Design Studioのシート数と最大ユーザー数(Management Console/KappZone Seats)

フォローする

ライセンスキーが生成されると、2種類のユーザーに制限が設定されます。

  • Design Studio シート数
  • Management Console / KappZone シート数(「最大ユーザー数」は、Management Console -> Admin -> License -> About current License に表示されます。)

Design Studioのシート数について

シート数はDesign StudioをManagement Consoleに同時に接続できる人数を定めます。Design Studioを起動し、”License Server(ライセンスサーバー)”(Management ConsoleのURLを指す)を使用するたびに、1つのDesign Studio シートが使用されます。使用中のDesign Studio シートは、Management console ->Admin ->Licenseに表示され、Design Studioが実行されているマシンのIPを表示します。 Design Studioが終了するとシートが解放されて、数分後にManagement Consoleが更新されます。これにより、別の人が自分のマシンでDesign Studioを使用できるようになります。

(例)ライセンスに2つのDesgin Studio シートしかない場合、2人しか同時にDesign Studioを使用できません。
3人目が使用する必要がある場合は、現在使用している2人のうち1人がDesign Studioをシャットダウンし、数分後に3人目が使用できるようになります。

Management Console / KappZoneのシート(最大ユーザー数)について

Management ConsoleがTomcatにデプロイされ、LDAPと統合されている場合の、管理者ユーザを含めた Management Console へ登録できる最大ユーザーの数を指します。

ユーザーがManagement consoleにログインするたびに、このユーザー用に新しい記録(レコード)が作成されます。(Management Console ->Admin ->Usersに表示されます)
ユーザーレコードの数が最大に達すると、管理者以外のユーザーはログインできません(プロジェクトに権限を割り当てられたグループの一部であっても)。adminGroupのメンバーは引き続きログインできます。

Management Console シートは、Design Studioを開いたり、閉じたりしたときに更新されるDesign Studioシートとは異なります。
adminGroupからではなく新しいユーザーがログインするには、Management console ->Admin ->Usersから一つ以上のユーザーレコードを削除する必要があります。(ユーザーの数が最大数より少なくなければなりません)

Design StudioシートとManagement consoleシート(最大ユーザー数)との関係とは?

Management ConsoleでLDAP統合を使用する場合、Design Studioを開いてManagement Consoleに接続すると、ライセンスを取得するために、すべてのユーザーは資格情報を提供する必要があり、これを行うために、Management Consoleでユーザーレコードを取得する必要があります。(そのためDesign Studioを使用する前に、Management Consoleに少なくとも1回ログインする必要があります)

Design Studioでライセンスサーバーを設定するときにadminGroupのユーザーの資格情報を使用すると、Management Console -> Admin Usersで新しいレコードが追加されます。
ただし、Design Studioで資格情報が使用される各ユーザーは、一つのManagement Consoleシートを使用します。
したがって、ライセンスを要求するとき、Management Consoleシートの数は、Design Studioシートの数以上である必要があります。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。