Excelのループ処理を行う範囲を変数で指定する方法

フォローする

・概要
Excelのループ処理の箇所を動的に変数で設定したい。
(「Loop Rows(選択中の行をループ)」ステップの「First Index(最初のインデックス)」を変数で指定することは可能か。)

・詳細
「Loop Rows(選択中の行をループ)」ステップの「First Index(最初のインデックス)」を変数で指定することはできませんが、他の方法はございます。
一例として「Set Named Range(名前付き範囲設定)」ステップでRange(範囲)名を定義し、「Loop Rows(選択中の行をループ)」ステップ内の[Finders(ファインダー)]タブで定義された
Range(範囲)名を指定することで変数を用いての範囲指定が可能となります。

下記にサンプルロボットのURLを記載しておりますので、参考にご覧ください。
ChangeLoopFieldByVariables.zip

≪範囲指定条件≫
変数(Variable):rowNumber(Integer(simple))
指定範囲:Sheet1のA3~F7

≪サンプルロボットの簡単な流れ≫
①「Assign Variable(変数の割当)」ステップで、Loopを開始したい行数を「Value(値)」欄で指定し、rowNumber変数に格納します。
(サンプルロボットでは「3行目から」で指定しています。)

②「Set Named Range(名前付き範囲設定)」ステップの設定を行います。
○[Action(アクション)]タブ
サンプルロボットでは「Auto(自動)」で番号が自動で振り分けられる設定となっていますが、Range(範囲)名を定義する場合は
[Action(アクション)]タブ内で以下のような設定を加えます。
・RangeName(範囲名):Named(名前付き)を選択します。
・Name(名前):Range(範囲)に指定する名前を定義します。

○[Finders(ファインダー)]タブ
Range(範囲)欄で以下のような式を設定し、rowNumber変数を用いて範囲を指定します。
Expression(エクスプレッション):>>Sheet1!A<<+rowNumber+>>:F7<<
詳細は図1をご参照ください。
RowsNumber_SetnamedRange.png
(図1.SetNamedRange_Finders_Expression画面)

③「Loop Rows(選択中の行をループ)」ステップの[Finders(ファインダー)]タブ内を以下の様に設定します。
・「Find At Named Range(指定した範囲を検索)」を選択します。
・Range(範囲):②で定義したRange(範囲)名を選択します。(サンプルロボットでは”1″です。)
・Use(使用):Whole of Range(範囲全体)を選択します。
詳細は図2をご参照ください。
RowsNumber_LoopRowsFinder.png
(図2.RowsNumber_LoopRowsFinders画面)

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。