DAでループを使用し、抽出した値を変数に格納する方法

フォローする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダウンロード前に必ず『サンプルロボご利用にあたっての注意事項』をご一読いただき、
お客さま責任でご利用いただきますようお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DAでExcelファイルを表示し、セルの情報を抽出しDSの変数へ取り込む例を紹介します。

<例>DAのLoopステップを使用してExcelのA列(空白以外)を抽出するサンプルロボット
  下記URLよりダウンロードし、ご確認ください。

  サンプルロボット:checkDA_inputoutput32bit.zip

<ロボット処理内容について>

■変数

変数名 説明
i   ループの回数をカウントするinteger型の変数
cell   セル番号を指定するためのTextを格納するための変数
cellvalue   Excelのセルから抽出した内容を格納するためのText型の変数


■大まかなステップの流れ

 1.Open Stepで「robotest.xlsx」を読み込みます。

 2.Loop Stepを作成します。
  ①AssignStepで「i = i + 1」という処理を行います。
  ②AssignStepで「name=”A + i +” 」という変数(cell)を作成します。
  ③Excelの名前ボックスに②の値を挿入し、セルにジャンプします。
  ④ジャンプしたセルの値を抽出し、変数(cellvalue)に格納します。
  ⑤④で抽出した値が空白であるかテストし、空白であれば、ループを終了します。

<補足>

 ExcelではなくDBに保存されているデータであれば、QueryDatabaseステップで処理できます。
 (下記の通り、DBのレコード毎にループ処理ができるといったイメージです。
   ①Variables mapに変数を指定して指定したフィールドの値を格納します。
   ②DAステップに渡して実行します。
 こちらもExcelのLoop Rowsと同様にループの度にDAを実行するという形になります。

2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。