ページ読み込みでエラーが発生した際に、Browser Tracer(ブラウザトレーサ)を利用して通信をブロックする方法

フォローする

「ページ読込(Load Page)」ステップや「クリック(Click)」ステップなどのアクション実行時に
エラーが発生する場合、読み込もうとしているページ内のデータに問題を引き起こすものがあるのかもしれません。

DSのBrowser Tracer(ブラウザトレーサ)を使用し、エラーの発生する通信を特定、ブロックする方法について、紹介します。 

添付ファイルをご参照ください。

なお、 Browser Tracer(ブラウザトレーサ)の使用方法については『BrowserTracerの使い方』も参照してください。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。