BizRobo! の表示言語切り替え

フォローする

BizRobo! はVer.10.3.0.1よりDSの画面や内部の処理言語を「英語」「日本語」から選択できるようになっており、Ver.10.3.0.2ではインストール時のデフォルトの言語が「日本語」に設定されています。

下記はDSの利用言語を「日本語」から「英語」に切り替える方法です。参考にしてください。

 

実施手順

  1. BizRobo! Basicのインストールフォルダ内に存在する common.conf のバックアップをコピーで作成後、ファイルをデスクトップに移動します。

    例:C:\Program Files\Kapow 10.3.0.2 229 x64\bin 
  2. common.confの以下の箇所について言語設定をlang=en_US、country=US、region=US、language=enに変更し、ファイルを保存します。:
    #********************************************************************
    # Wrapper Localization
    #********************************************************************
    # Specify the locale which the Wrapper should use.  By default the system
    #  locale is used.
    wrapper.lang=ja_JP  # en_US or ja_JP
    :
    <中略>
    :
    # Java Bits.  On applicable platforms, tells the JVM to run in 32 or 64-bit mode.
    wrapper.java.additional.auto_bits=TRUE
     
    # Java Additional Parameters
     
    wrapper.java.additional.2=-Duser.country=JP
    wrapper.java.additional.3=-Duser.region=JP
    wrapper.java.additional.4=-Duser.language=ja
    wrapper.java.additional.5=-Dcom.sun.management.jmxremote
    wrapper.java.additional.6=-Dsun.java2d.noddraw=true
    wrapper.java.additional.7=-Dsun.net.inetaddr.ttl=30
    wrapper.java.additional.8=-Dkapow.workingDirectory="%WRAPPER_INIT_DIR%"
    wrapper.java.additional.8.stripquotes=TRUE
     
    #To turn off update to the extractedinlastrun in Kapow data tables uncomment this line and restart the
    #roboserver and management console.
    #wrapper.java.additional.9=-Dkapow.skipUpdateStatus=true
     
    #Here you can enter a non default application data folder.
    #wrapper.java.additional.9=-Dkapow.applicationDataFolder="Folder containing Configuration folder"
    #wrapper.java.additional.9.stripquotes=TRUE
  3. 保存したcommon.confをインストールフォルダに戻し、Design Studioを起動します。

 

注意事項

Ver.10.3.0.1にて、日本語に切り替える設定を行っていた場合、

MCの「?」マークよりヘルプを参照しようとすると、該当のファイルがないため「Page Not Found」となります。直接ヘルプファイルを参照するか、下記の対応を行ってください。

 ・MCから「?」マーク押下で参照する。
 ※マニュアルの表示は英語のみ

  ■Tomcat構築していない場合
  C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Kapow\10.3.0.1_206\Temp\Root\help\ENのフォルダをコピー、
  ペーストし、フォルダ名を「EN」から「JA」へ変更する。

  ■Tomcat構築した場合
  C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.5\webapps\{mc}\help\ENのフォルダを
  コピー、ペーストし、フォルダ名を「EN」から「JA」へ変更する。

  ▼作業後イメージ

mceclip0.png

 

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。