Excelの使用やロボットの複数同時実行等で異常終了する

フォローする

MC の Logs タブにて以下のメッセージが確認できている場合、以下事象に該当している可能性がありますので、
回避策をご検討下さい。

■エラーメッセージ
RoboServer
[Message]
Exception during instruction cleanup.

Robot Messages≫
[Message]
Internal error during robot execution. cannot invoke operations on closed browser.

■エラー概要
・Webkitエンジン(※1)のロボットが動くとき、RoboServer(Debugモードの場合はDS)が新しいkapowbrowserプロセスを開始します。本エラーはkapowbrowserとRoboServerの通信が途切れた際に発生します。
・確認できている限り、多くのケースは「メモリのリソース不足」が原因となっております。

■回避策について
・Classicエンジン(※2)の場合、ブラウザーもRoboServerも同じJavaプロセスで動作するため、本エラーは発生いたしません。
・他に同時稼働しているロボットがある場合は、同時稼働しない状態にしていただくことで、事象が回避される可能性がございます。
・メモリ不足回避のため、処理が非常に重くなるWebサイトを開く場合はDeviceAutomation機能をご利用下さい。
・Webkitエンジンの場合でもJavascriptの無効化※3(発生頻度が減る事例有)をご検討下さい。

※1
WebkitエンジンとClassicエンジンの詳細については以下をご参照下さい。
Kapow Classicエンジン と WebKit エンジンとの違い

※2
Classicエンジンに切り替えた場合、一部Webサイトが開けなくなる可能性がありますが、こちらのエンジンで対応可能な場合は本エラーは発生しなくなります。
ロボットのエンジン変更方法については下記に記載がございますのでご参照下さい。

参考Help
“*********************************”
Help for Kofax Kapow
Welcome to Kofax Kapow > Design Studio > Migrate a Robot to a Different Browser Engine
Migrate a Robot to a Different Browser Engine
≪以下Google翻訳抜粋≫
ロボットをクラシックブラウザに移行する
1.ツリービューでロボットを右クリックし、[Migrate]を選択します 。
2.ロボットやスニペットなど、移行するファイルを選択して、「次へ」をクリックします 。
3.ファイルをバックアップするかどうかを指定し、バックアップ方法を選択して、 バックアップ手順で[ 終了 ]をクリックします 。
Kapowがロボットを動かすと、ロボットのアイコンの色が変わったことがわかります。

ロボットをデフォルトブラウザに移行する
1.ツリービューでロボットを右クリックし、[Migrate]を選択します 。
2.ロボットやスニペットなど、移行するファイルを選択して、「次へ」をクリックします 。
3.ファイルをバックアップするかどうかを指定し、バックアップ方法を選択して、 バックアップ手順で[ 終了 ]をクリックします 。
Kapowがロボットを動かすと、ロボットのアイコンの色が変わったことがわかります。
“*********************************”

※3
Javascriptの実行をオフにする手順
1.[Design Studio]にて、対象のロボット(LoadPageを行うロボット)を開く
2.画面左上のロボットアイコン(Configure Robot)をクリック ※[Ctrl]+[R]でも実行可能
3.[Basic]タブ-[Configure]をクリック
4.[Javascript Execution]タブ-[Execute Javascript]のチェックをOFFにする
5.[OK]を2回クリックし編集画面を閉じる

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。