RoboServerを起動する際、Failed to start RoboServer. Failed to start Socket-based RQL Service.というエラーが出る。

フォローする

■一般的な対応方法

まずはコマンドプロンプトを起動してnetstatというコマンドを使用することでポートの使用状況を確認します。

netstat -aon | find “50000”

yoyaku1.png

タスクマネージャーを開き、13972というPIDのプロセスを確認します。
起動する必要がないプロセスであれば、こちらのプロセスを終了後、再度RoboServerの起動をお試しください。

yoyaku2.png

 

■意図しないプロセスがRoboServerが使用するポートを勝手に使用することを防止する方法

Symantecなど、動的ポートの中から任意のポートを取得するアプリケーションがある場合は、
RoboServerで使用するポートを予約しておくことでこちらの事象を防止できます。

・管理者でコマンドプロンプトを起動。

yoyaku3.png

・現在のTCPポート割当管理状況を表示
netsh int ipv4 show dynamicport tcp
netsh int ipv4 show excludedportrange tcp

yoyaku4.png

・必要なポートを予約(今回は50000,50001を予約するという例となります。)
netsh int ipv4 add excludedportrange protocol=tcp startport=50000 numberofports=2 store=persistent

yoyaku5-1024x60.png

・設定の確認
netsh int ipv4 show excludedportrange tcp

yoyaku6.png

これで設定は完了です。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。