Oracle Java SE 8無償サポート終了後のJava利用

フォローする

概要

2019年1月にOracleによるJava8の無償サポートが終了致しました。この無償サポート終了に伴うBizRobo!への影響について以下に記載致します。

Q1.

BizRobo!ユーザーはOracle社の有償サポート契約を受ける必要がありますか?

A1.

BizRobo!を使用するユーザーはOracle社と有償サポート契約を結ぶ必要はございません。

 

Q2.

BizRobo!が内蔵するプライベートJREはどうなりますか?

A2.

・開発元がOracle社と契約を行い、BizRobo!が内蔵するJavaを使用する権利を得ております。そのため、お客様はBizRobo!が内蔵するJavaのライセンスを意識せずご使用いただく事が可能です。

・10.7でもJava8を引き続き使用しておりますが、Java8に起因する問題が発生した場合、開発元がOracle社とJava8の有償サポート契約を行い、Java8のバージョンアップを行ったうえで新バージョンがリリースされます。

 

Q3.

Tomcat構築の際に使用するJREはどうなりますか?

A3.

・OpenJDK8によるTomcatの利用をサポートしますので、2019年1月以降に更新されたJava8を無償で使用されたい場合は、OpenJDK8という無償版のJavaをご利用下さい。
※何らかの理由で、Oracle社のサポートを受けたJava8を使用する場合はお客様にてOracle社と有償契約を結ぶ必要がございます。

・Java11の使用もサポート対象に加えられるよう対応中ですが、対応可能日の目途が立っておりません。

 

参考ナレッジ

Tomcat構築する場合、どのOpenJDKを使用したらいいですか。
Tomcat環境で使用しているOracleJREをOpenJDKに切り替える場合に必要な設定

 

Q4.

ロボットを起動するためのJava APIを呼び出すアプリケーションを開発するために使用するJavaはどうなりますか?

A4.

・OpenJDK8の使用は問題ございません。

・Java APIはどのバージョンのJavaでも互換性を持つように開発されているため、古いJavaでも新しいJavaでも動作するように開発されております。
※Java9, Java10,Java11は開発元がサポートするまではサポート対象ではありません。そのため、それまではJava8を使用していただく必要がございます。

 

区分 確認Ver
仕様 10.7.0.4
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。