OracleのJava8無償サポート終了による2019年1月以降のBizRobo!のJava利用につきまして

フォローする

2019年1月よりOracleによるJava8の無償サポートが終了となります。
最新バージョンのBizRobo!ではJava8を使用しておりますが、サポート終了に伴う影響範囲について本ナレッジに記載させていただきます。

Q1.

BizRobo!ユーザーはOracleの有償サポート契約を受ける必要がありますか?

A1.

BizRobo!を使用する全ユーザーがOracleの有償サポート契約を受ける必要はございません。
Tomcat構築を行う際に使用するJREに関して、
2019年1月以降に更新されたJava8を無償で使用されたい場合は、OpenJDK8という無償版のJavaをご利用いただきます。
何らかの理由で、どうしてもOracleのサポートを受けたJava8を使用したいという場合には有償契約を行う必要がございます。

Q2.

BizRobo! に内蔵するプライベートJREはどうなりますか?

A2.

・10.4ではJava8を引き続き使用しています。
・Java8に起因する問題が発生した場合は開発元はJava8の有償サポートの契約をOracleと行い、Java8のバージョンアップを行ったうえで新バージョンがリリースされます。

Q3.

Tomcat構築の際に使用するJREはどうなりますか?

A3.

・2019年1月以降もJava8はOracleのアーカイブページから無償でダウンロードできる状態になると思われます。
(※現在サポート終了したJava7が無償でダウンロードできているため。Oracleが突然変更する可能性はある。)
・OpenJDK8によるTomcatの利用をサポートします。
・OpenJDK8は引き続きアップデートが行われるので、2019年1月以降に無料Java8のアップデートを必要とする場合はOpenJDK8を使用していただくことになります。・Java11の使用もサポート対象に加えられるように進めているが、現時点では対応可能日の目途が立っておりません。

参考ナレッジ:Tomcat構築する場合、どのOpenJDKを使用したらいいですか。

Q4.

ロボットを起動するためのJava APIを呼び出すアプリケーションを開発するために使用するJavaはどうなりますか?

A4.

・Java APIはどのバージョンのJavaでも互換性を持つように開発されているため、古いJavaでも新しいJavaでも動作するように開発されております。
・ただし、Java9, Java10, Java11については開発元から正式にサポートを公表するまでは、サポート対象から外れるので、それまでJava8を使用していただく必要がございます。
・OpenJDK8での使用は問題ございません。

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。