移行時注意:v10.3におけるDAの Finder 特定方法改訂

フォローする

v10.3.0 においてDAが Finder の指定方法、および内部処理のロジック(パスを解析し場所を特定する方法)が改訂されました。

基本的にはv10.2以前で作成したDAフローとの下位互換性は保たれているためv10.2で作成したロボットをv10.3で実行・編集することが可能ですが、一部仕様の変更に伴い発生した不具合やバージョン間の仕様の差により、ロボットの修正を要するケースが存在します。

  1. 【不具合調査中】本ページ後半に記載:Name 要素を使用してFinderの定義を再利用している場合。
  2. Automation Device Viewからの画面操作によるフローの修正ではなく、Automation Workflow 内のFinder定義を直接編集してチューニングしている場合。

など。

Name 要素を使用してFinderの定義を再利用している場合のバージョン間副作用

v10.2以前においては Finderを指定するためにターゲットに到達するまでの全ての階層を Device > Application > Componentと指定する必要がありましたが、v10.3 からはターゲットの存在する階層とその一つ上の階層(Base Finder)のみの指定で Finderを指定する方式になりました。

この時 Finder を ”Name” 機能を使用して再利用しているものに関しては、v10.3 でにおいて Base Finder が正常に指定されない(指定した “Name” の階層, Component, Application, Device に関わらず、Deviceが採用されてしまう。)現象が発生しており、対応策としては手動で Base Finder の選択項目を修正するか、以下のページを参照にFinderCleanerを適用していただく必要があります。

■ 10.2のロボットに Finder の Reuse(previous)がある場合、10.3へ移行時に必要な対応

 

( “Name” 機能は  v10.3 からは “Alias” という名称に変更されました。)

migration_error_10.2-10.3.png

down_arrow.png

migration_error_10.2-10.3_2-1024x287.png

 

具体的な変更内容の対比を以下添付ファイルの動画にてご確認ください。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。