DAでExcelのデータをWebシステムに転記した際、IMEの設定により文字変換される

フォローする

・概要
DAでExcelから抽出したテキストをWebシステム等にEnter Textで転記する際に、
意図せず文字が変換されてしまう場合の対処方法について。

・詳細
Webシステムの仕様によっては、各項目毎に個別のIME入力モードが設定されており、
その影響でEnter Textでテキスト入力後、EnterをPressした際に、意図せず文字が変換されてしまうケースがあります。

【例】システム側で入力モードがIMEで「ひらがな」に固定されている場合
Enter Textで「ヤマダ タロウ」と入力⇒KeyPressでEnter押下⇒「山田 タロウ」に変換される。

システム側で入力モードが制御されている場合は、以下のいずれかの方法で現象が回避されるか試してみてください。

・Enter Textを使用せず、「Set Clipboard」ステップと「Press Key」を使用する。
< 手順>
対象のテキストを一度「Set Clipboard」ステップでクリップボードに保存しておき、
「Press Key」ステップでCtrl+Vを押下して、テキストを貼り付けます。

・Enter Textステップの前に、IMEの入力モードを変更するステップを追加する。
< 手順>
言語バーのIMEをクリックし、入力するテキストに合わせた入力モードに変更します。
その後にEnter Textを実行します。
※システム側で入力モードの制御がない場合は、一度変更したIMEの入力モード設定が保持されますので、
状況に応じてモードを元に戻すステップを追加するなどの対応を行ってください。

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。