MC上でDAを含むロボットを連続実行する際に、DAが利用可能になるまでの時間

フォローする

Management Console(以降MC)上にアップロードした同じDA端末の操作を含むロボットを連続で実行する場合に、
バージョンの待ち時間を考慮しないと「”No Device Automation Workflow defined.”」のエラーとなります。

【v10.2までの場合】
5秒待ち時間が必要であり、キューに入らないため、5秒以上の待ち時間ロボットが必要となります。

【v10.2以降の場合】
キューに入り、1秒の待機時間を待って15秒のリトライを繰り返すため、その範囲内であれば待ち時間を考慮する必要はありません。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。