Kapplet Userに特定のKappletのみを使用させたい

フォローする

・概要
Management Console(MC)>KappletsのRepository「Enabled」のオンとオフで、
”Kapplet User”権限を持つユーザーに対して参照権限を設定します。


・設定方法
MCのKapplets>Repositoryより、Enabled selectedにチェックします。

1. 任意のKappletを選択、右クリックでEnabled selectedを選択
pic1.png
(画像1.Kapplet_Enabled selectedチェック画面)


2. 設定後
pic2.png
(画像2.Kapplet_設定後画面)


Kapplet Userには下図のように表示されます。
※Kapplet BはEnabledになっていないため表示されません。

pic3.png
(画像3.Kapplet_KappletUserへの表示画面)


管理者画面では、オフ([Disabled selected])となっているものはグレーアウトした状態で表示されます。
※管理者とは下記のいずれかの権限を持っているユーザーを指します。
・Administrator ・Project Administrator ・Kapplet Administrator

pic4.png
(画像4.Kapplet_管理者画面)


※Kapplet Userは10.3から追加された権限となります。下記ナレッジをご参考ください。
Management Consoleユーザー権限情報【10.3】

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。