Webページ内のスクロールバーを操作する方法はありますか。

フォローする

Webページ内に表示される別ウィンドウのスクロールバーを操作して画面スクロールする方法として、下記4つの手法があります。

・「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを使用する

・「Press Key(キープレス)」ステップを使用する

・「Chromium」を使用する

・ Device Automation端末で操作する

<例>ウィンドウ内に隠れている「TEST10」をスクロールして表示します

mceclip0.png

 

■「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを使用する方法

マウスによるスクロールと同じ動作を再現します。

スクロールで表示させたい場所(タグ位置)を選択、右クリック→「指定タグまでスクロール」を挿入します。

mceclip1.png

選択したタグが表示される位置までスクロールされます。

 

■「Press Key(キープレス)」ステップを使用する方法

PageUp/PageDownキーや方向キーを押下してスクロールする動作を再現します。

スクロールさせたいウィンドウを選択、右クリック→「Press Key(キープレス)」を選択します。

ステップの設定部分の「押すキー」項目を「値」に変更し、対象のキーコードを入力します。

※キーコードについてはステップのアクションタブ内の[?]マークから確認できます。

mceclip2.png

Design Studioの「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップと「Press Key(キープレス)」ステップは、スクロールしたい別ウィンドウの画面がきちんとHTMLビューに読み込まれている場合のみ使用可能です。

Design Studioでスクロール操作ができない場合は、DAを使用してください。

 

[注意事項]

下記の2つのステップについては、Classicエンジンでは使用できません。

スクロール操作が必要な場合は、Webkitエンジンを使用してください。

・「Scroll to」ステップ

・「Device Auomation」ステップ

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。