Apache+Tomcatの構成からTomcatのみの構成へ変更する手順

フォローする

概要

2018/7以前に公開していたTomcat構築手順書では、ApacheとTomcatを使用した環境を前提としておりましたが、現在は製品のシステム要件に従いTomcatのみの構成を推奨構成としております。
以下にApache+Tomcatの構成からTomcatのみの構成へ変更する手順を示します。

前提

Windows用Tomcat構築作業手順書に記載の構成に移行する手順となります。

作業手順

①RS,Apache,Tomcatの各種サービスを停止する

②mc.xmlを以下の通り変更
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 8.設定ファイルの作成 項:5 を参照下さい

■変更1
※Tomcatのバージョンが8.xの場合のみ実施が必要な手順です

maxActive="100" maxIdle="30" maxWait="-1"

maxTotal="100" maxIdle="30" maxWaitMillis="-1"

■変更2
url="jdbc:mysql://{MCサーバホスト名}:{DB接続ポート番号}/{MC用DB名}"/>

url="jdbc:mysql://{DBサーバホスト名orIPアドレス}:{DB接続ポート番号}/{リポジトリDB名}?useUnicode=yes&characterEncoding=UTF-8&useSSL=false&useCursorFetch=true&defaultFetchSize=1000"/>

③Server.xmlを以下の通り変更
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 8.設定ファイルの作成 項:12~14 を参照下さい

■変更1
<Valve className="org.apache.catalina.valves.AccessLogValve" directory="C:/LOGS/TOMCAT"

<Valve className="org.apache.catalina.valves.AccessLogValve" directory="C:/LOGS/TOMCAT/LOCALHOST_ACCESSLOG"

■変更2
pattern="%h %l %u %t &quot;%r&quot; %s %b" />

pattern="%h %l %u %t %r %s %b (%T)" />

■変更3
<Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1"
          connectionTimeout="20000"
          redirectPort="8443" />

<Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1"
          connectionTimeout="20000"
          redirectPort="8443" 
          maxPostSize="10485760"
          maxParameterCount="50000" />

■削除
<Resource name="UserDatabase" auth="Container"
type="org.apache.catalina.UserDatabase"
description="User database that can be updated and saved"
factory="org.apache.catalina.users.MemoryUserDatabaseFactory"
pathname="conf/tomcat-users.xml" />

<Resource name="jdbc/kapow/platform" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
maxActive="100" maxIdle="30" maxWait="-1"
username="{DBログインユーザ名}" password="{DBログインパスワード}"
driverClassName="com.mysql.jdbc.Driver"
validationQuery="/* ping */" testOnBorrow="true"
url="jdbc:mysql://{MCサーバホスト名}/{MC用DB名}"/>

</GlobalNamingResources>

<Resource name="UserDatabase" auth="Container"
type="org.apache.catalina.UserDatabase"
description="User database that can be updated and saved"
factory="org.apache.catalina.users.MemoryUserDatabaseFactory"
pathname="conf/tomcat-users.xml" />

</GlobalNamingResources>

④以下フォルダを作成
・"C:\LOGS\TOMCAT\CATALINA"
・"C:\LOGS\TOMCAT\HOSTMANAGER"
・"C:\LOGS\TOMCAT\LOCALHOST"
・"C:\LOGS\TOMCAT\LOCALHOST_ACCESSLOG"
・"C:\LOGS\TOMCAT\MANAGER"
・"C:\LOGS\TOMCAT\STDOUTERR"

⑤"C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat {バージョン}\conf\logging.properties"を以下の通り変更
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 11.ログ設定 項:3、4 を参照下さい

■変更1
1catalina.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT

1catalina.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT/CATALINA

■変更2
2localhost.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT

2localhost.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT/LOCALHOST

■変更3
3manager.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = ${catalina.base}/logs

3manager.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT/MANAGER

■変更4
4host-manager.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = ${catalina.base}/logs

4host-manager.org.apache.juli.AsyncFileHandler.directory = C:/LOGS/TOMCAT/HOSTMANAGER

⑥"C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat {バージョン}\webapps\mc\WEB-INF\classes\log4j.properties"の最後を以下に追記/修正
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 11.ログ設定 項:9 を参照下さい

#Log4j log to file configuration example
log4j.appender.auditLog=org.apache.log4j.RollingFileAppender
#Configure the file path and maximum file size before rollover
log4j.appender.auditLog.File=C:/LOGS/MC/MC.log
log4j.appender.auditLog.MaxFileSize=1MB
log4j.appender.auditLog.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.auditLog.layout.ConversionPattern=%d - %m%n
log4j.category.auditLog=DEBUG, auditLog
log4j.additivity.auditLog=false

※上記はログのサイズが1MBを超えると、ログがローテートされる設定です。
ログの保存量を増やしたい場合は、MaxFileSizeを増やすか、log4j.appender.auditLog.MaxBackupIndex={数字}を追記すればローテートする数が増えます。

⑦"C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat {バージョン}\bin\Tomcat{バージョン}w.exe"を実行

⑧[Logging]タブ-[Log path]欄をC:\LOGS\TOMCAT\STDOUTERRに変更
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 11.ログ設定 項:15 を参照下さい

⑨[Java]タブ-[Maximum memory pool]欄を2048(2GB)に変更し[適用],[OK]の順にクリック
※詳細はWindows用Tomcat構築作業手順書 5.Tomcatのインストール 項:11 を参照下さ

⑩Tomcatのみのサービスを起動、MCにログインし④で作成したフォルダ配下にログファイルが作成されているか確認

Windows用Tomcat構築作業手順書 12.MCログ設定 以降の設定を確認/実施ください

⑫[Windows]+[R]にて[ファイル名を指定して実行]ウィンドウを起動しcmdを入力し[Enter]

⑬起動したコマンドプロンプトにて"cd C:\Program Files\Apache{バージョン}\bin"を実行

⑭以下の順にコマンドを実行しApacheをアンインストール

httpd -k shutdown
httpd -k stop
httpd -k uninstall

⑮不要であればC:\Apache{バージョン}フォルダを削除下さい

区分 確認Ver
手順 10.3.0.2
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。