エラーが発生した場合の処理や動作を変更できますか。

フォローする

ステップでエラーが発生した際にロボットのデフォルト動作では、即座にエラーを報告・ログへの記録を行い、後続のステップは実行されませんが、各ステップの「エラー処理(Error Handling)」タブの設定を行うことで、エラーのスキップや分岐処理が可能となります。

 

▼ステップビューの 「エラー処理(Error Handling)」タブ

 mceclip0.png

 

■「エラー処理(Error Handling)」タブ内の「Then」プロパティの機能について

・後続のステップを全てスキップ

 エラーが発生した (またはテスト条件が失敗した) ステップの後続ステップは実行されません。

 なお、分岐されたフロー(エラーが発生したステップより下段のフロー)はスキップの対象外です。

 mceclip1.png

・無視して実行

 エラーが発生した (またはテスト条件が失敗した) ステップがスキップされ、後続ステップから続行されます。 

 mceclip2.png

・次の代替手段を試行

 指定したトライステップへ実行位置が移り、実行していたフローの下段のフローを実行します。

 mceclip3.png

・次のイテレーション

 後続のステップを行わず、指定した繰り返しステップの次のイテレーションへ移行させます(ループを回します)

 mceclip4.png

・ループ終了 

 指定した繰り返し処理を終了させます。なお、入れ子構造の中の繰り返し処理を終了させても、外側の繰り返し処理は続行されます。

 mceclip5.png 

※機能について詳しくはマニュアルをご参考ください。

User’sGuide: 
Welcome to Kofax Kapow > Reference > Design Studio > Other Topics > Error Handling
(Kofax Kapow へようこそ > リファレンス > Design Studio > その他のトピック > エラー処理)

 

エラーの発生したステップの確認方法については、MCでのロボット実行時に、エラーの検知をコントロールする方法を参照してください。

 

 

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。